太陽光発電

太陽からの贈り物 太陽光発電

太陽光発電の特徴

太陽光発電は従来の集中型電源とは様々な点で異なる特徴を持っています。電源としては、昼間時のみに発電することが最大の特徴です。再生可能エネルギーの一種であり、二酸化炭素などの温室効果ガス(Greenhouse Effect Gas, GEG)の排出量削減に貢献し、運転用燃料の調達リスク(コスト)がありません。最大の欠点は商用電源として導入コストがまだ比較的高いことであり、価格低減や普及促進の政策を採る国が多くあります。一般に、下記のような長所や短所があります。

【利点・特長】

  • 可動部分が無いものがほとんどで、機械的にメンテナンスフリーである。
  • 分散型電源のため、災害などの有事における影響範囲を小さく抑えられ、非常用の電源となりうる。
  • 輸出産業としての可能性があり、産業としての将来性が高い。
  • パネルに使われている素体の寿命は半永久的であり、機械・電機部品の交換によるリサイクルが容易である。
  • 小規模でも効率が低下しないため、任意の規模で利用できる。
  • 需要地に近接して設置できるため、送電のコストや損失を低減できる。
  • 水力・原子力・火力の各発電とくらべて、設置に必要な要件が少なく、設置可能面積が広い。
  • 原子力・火力等の発電と比較すると冷却水・廃棄物・排気など、各種副産物の発生がない。
  • 建築物の屋根・壁面に設置できるため、用地を占有しない。
  • 太陽光を利用する再生可能エネルギーであり、発電量と枯渇性燃料(化石燃料)との関係がない。
  • 温室効果ガスを排出しない。
  • 出力のピークが昼間の電力需要ピークと重なっており、ピーク時の電力の削減に効果がある。*設置国のエネルギー自給率を向上させる。

【欠点・課題】

  • 電気的・機械的部品の寿命と総発電量を用いて計算した場合、発電電力量当たりのコストが他の発電方法に比べて2〜3倍と割高。
  • 発電電力が天候に左右される(曇天・雨天時、パネルに積雪した場合は発電量が低下する)。
  • 夜間は発電できず、蓄電能力もない。
  • 設置面積当たりの発電電力量が既存の発電方式に比べ低い。

Last update:2015/4/10